埼玉は今日も晴れだった。

埼玉のグルメ情報や日々の美味しいもの
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 美味ショコラケーキといきなり黄金生活[大宮] | main | 笑顔の伝道師「まっこい」 >>

オタフクソースと韓国チヂミ

前回の更新のパティスリー・プラネッツのチョコケーキのエントリーが、ある時点から消えてなくなっていた。それをまったく気がつかないバカな私。なぜ消えたの?テンプレートをいじくってるうちに変なことになったのだろう、きっと。そして、なぜか未公開になって保存されていた。いただいたコメントはちゃんと残ってた・・・ほっ。再度アップしたので、日付が狂ってしまったわ。う〜ん、まだまだ恐る恐るのプログです。


娘から父の日に、右の画像の「オタフクのセット」が送られてきました。あのオタフクソースが発売している、ソースとマヨネーズと広島焼き・お好み焼き・たこ焼き・チヂミなどの粉類のセットです。このプレゼントはウケを狙ったらしく、狙い通りしっかりウケさせてもらいました。そして、昨日はその中からチヂミを焼いてみました。

私が初めてチヂミという韓国風お好み焼きを食べたのは、大阪のとある焼肉店。具はニラと人参が入っただけのシンプルなもの。でも、これがすごく美味しかった。薄くて、皮に弾力があって、なんとも芳ばしくて。その後も、具だくさんのチヂミを食べる機会はありましたが、初めて食べたあのシンプルなのものが今でも一番だと思ってる。

昨日はあの味に近づけるべく、ニラとイカだけのごくごくシンプルなものにしてみました。生地作りは、オタフクの専用粉と水と卵を混ぜるだけなので、いたって簡単。これに具を入れながら焼いていけば、もう本格的なチヂミのできあがり。こんなに手抜きではあるけど、かなり思い出のあの味に近づきました。芳ばしい記憶の中のあの味に。特製のちょっとピリカラのタレをつけると、これまた美味しい。これがビールに合うんです。今、こうやった思い出してると、また食べたくなってきたわ・・・・・・グゥ〜。
おたふくソースと韓国チヂミ
家で食べる | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.happeats.com/trackback/276264
この記事に対するトラックバック