埼玉は今日も晴れだった。

埼玉のグルメ情報や日々の美味しいもの
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

脱力系埴輪の「埴ラボ展」

ぱぴはにわちゃん

なにやら、ステキなDMが届きました。
フラフープをする埴輪・・・・・・・・。
   「!」
埴輪作家かぼこさんっ!
おお!個展の案内ではないですか!

私のパソコンの前にはいつもマイ埴輪(画像)があります。
かぼこさんの埴輪の虜になり、
お願いして作っていただいたもの。
その経緯は前にアップしたこれになりますが、
いつもこのトボケた可愛さに癒され、
おかげで元気に暮らせている次第です。

そのかぼこさんが個展を開かれるとのこと!
かぼこさんの作品は埴輪だけでなく、
「消音麻雀牌」や「走る脳」「パンク青年の子ども達」など、
高尚で脱力系シュールな造形もの。
社会の垢にまみれた日々から逃れ、
どっぷりこの世界に浸かってしまえば、
脳みそのエステになること間違いなし!

個展の場所は新御徒町のカフェ エスタサオン
興味のある方はぜひ遊びにいらしてください!
私も行きたくて、予定を調整中です。

★個展「埴ラボ展」情報はこちらから >>

●埴カフェ
かぼこさんの博物館ともいえる珠玉サイト
http://www.ne.jp/asahi/kabo/mm/index.html
●hani_log
日常のかぼこさんも見てみよう♪
http://blog.livedoor.jp/hanicafe/
ぐうたらな日々 | permalink | - | trackbacks(2)

秋の空

秋の空

朝晩の気温が低くなり、とても過しやすくなりました。
気がつくと、もう9月。
すっかり美しい秋の空ですね。
上の写真は「秋の空」というより、
「秋の空と電線」ですが(苦笑)

義母の納骨も終わり、やっとひと息つきました。
6月・7月・8月と新しい墓を造るため、
いろいろと準備に追われてきました。
その間、約ひと月ちかく、
大阪・広島・福岡にも行ってました。
これもすべて納骨の準備のため。
その間に、大阪にいる息子の家にいったり、
広島にいる娘の家にいったり、
広島に嫁いだ親友に会ったりして、
楽しい時間と美味しいものをいっぱい食べました。
それも追ってアップしますね。

そして、気がつくと秋の空。
秋は四季のなかで一番好きな季節です。
私の生まれた季節のせいか、
スタートを感じる季節でもあります。
元旦や、新緑の息吹にもスタートを感じますが、
私個人はやっぱり秋、生命誕生のサイクルとしての実感。
というわけで、昨日までの嫌なことも全てここでリセット!
とくに秋を空を見ていると、
再生のエネルギーを強く感じます。
こんな感覚、生まれ月には誰でもあるのかな?

朝の清々しさも秋が一番!
そして、この時期の心地良さは、
ハワイの朝の心地良さとだぶります。
私だけではなく、主人もそう感じてることから、
これは私の思い込みでもなさそうですね。

と、私にとってはいいことづくめの秋ですが、
それでも、日暮れのもの悲しさは、
四季の中でも一番ではないでしょうか?
もしかしたら、子供の頃の「夏休みがおわる!」、
という恐怖をずっとひきずったままなのか?
それとも、もっと動物的に、
一生のうちの夏の盛りの終わり、
若さの終わりを感じさせるからでしょうか。

それでもやっぱり、だからこそ、
天高く豚なお肥ゆる秋(私の場合)、
短かいけれど、美しい空の秋が、
いちばん恋しく思うのです。
ぐうたらな日々 | permalink | - | trackbacks(0)

義母、永眠。

5月13日に義母が永眠しました。
2月あたりから持病の心臓が悪化し、
3月に入院し手術に向けて体力を養うことになりました。
しかし、入院中に肺炎になり、
その後、一進一退を繰り返しましたが、
最後は苦しむこともなく眠ったまま逝ってしまいました。

私も約2ヶ月間の入院中、ほぼ毎日病院に足を運びました。
すごく元気そうな日が二日ほど続くと
三日目は酩酊して話すこともできない。
そんな日は私も心身ともにひどく疲れました。
それでも、もとの体に戻れないまでも、
もう一度自宅に帰ってこれると信じていました。

義母は常々「病気をして子供たちに迷惑かけたくない」
と言ってました。
これはだれもが願うことですが、現実はそうもいきません。
でも、義母の場合は見事なまでにその通りの最後でした。
これから始まるであろう介護生活を覚悟していたのに、
私たちに一切手間をかけさせることなく終わりました。
気丈な義母の意思通りの立派な最後でした。

その後は告別式やお墓の準備など、
ものすごく忙しない日々が続きました。
長男の嫁として、いろいろ戸惑う日々でしたが、
そのお陰で悲しみを麻痺させることができました。

今、やっと普段の生活に戻りました。
そして義母が家に居ないことが不思議で仕方ありません。
ついこのあいだまでの元気な義母を想うとき、
その当時の自分のことも想い出され、
毎日が心の旅をしているようです。
このまま時間が経てば「死」というものを
ちゃんと消化できる日がくるのでしょうか。
ぐうたらな日々 | permalink | - | trackbacks(0)

人生を考えたりして

アイビー

義母の病状は一進一退、
5月の初めに手術を予定していましたが、
突然、心不全による肺炎を引き起こし、
先送りになりました。
その肺炎も今はすっかり良くなりましたが、
合併症が残ってしまいました。
今はその合併症と戦う毎日。

私達家族も生と死の間で暮らしている感じ。
その重圧から逃れるように、
植物の手入れに没頭しています。
義母が育てていた花の管理や、
私の大好きな観葉植物などを見ていると、
とても心和むものがあります。
この季節、土の中から小さい命が顔を出したり、
枝から新芽が出るのを眺めながら、
力をもらっています。

私は3年前に大きな病気をしたために、
わりとよく「死」というものを考えます。
と言っても具体的な死ではなく、
人の命には終わりがある、という観念的な死。
それは恐怖ではなく喜ぶべきことで、
そのお陰で生きる情熱が湧いてくるのです。
まさに光と陰の関係。

それまでの私は、自分の人生が70年〜80年はあるものだと、
根拠もなく思い込んでいました。
それが当たり前のように思っていたので、
永いな〜、面倒だな〜、って無意識に感じていたのです。
そして人生の楽しいところ、
おいしいところばかり追い求めていたような気がします。

花の命は一瞬ですが、
そのためには土の中でしっかり根を生やし、
芽を出し、茎や葉を育て、やっと花が咲きます。
いかに土台が大切かを植物は教えてくれます。
人間も若い頃は、人生の花を追い求めるあまり、
逆に試練や辛抱が大きく感じてとても辛い。
でも、それから逃げずに吸収することで、
より大輪の花を咲かせられるのではないでしょうか。
そんなことを実感できる年齢になった今は、
より人生を楽しめるようになりました。

大正生まれの義母は、
戦争も経験し、若い頃に大病をしながらも、
2人の子供を産んで、今はひ孫までいます。
立派にたくさんの花を咲かせました。
私も人生半ばの年齢になりましたが、
私にとっての花である夢を実現させるまでは、
自分を青い蕾みだと思ってます。
人生まだまだこれから!80歳まで楽しむつもりです。


ぐうたらな日々 | permalink | - | trackbacks(0)

縁あって夫婦になったんだもん

昨日、プチ家出をしました。
実は先月から義母の持病の心臓が急激に悪化し、
今は入院して手術の日を待っている状態です。
高齢のため生死にかかわる手術になりそうです。

そのことで家族それぞれがストレスを感じ、
ほんのちょっとのきっかけで主人と大ケンカをしてしまいました。
家出といっても夜3時間ほど、連絡もせずに家に帰らなかっただけのことですが、
そんな経験は今までになく、私にとってはかなりの反逆でした。


なんの解決にもならないけど、
ほんの少し、頭を冷やすために一人の時間が欲しかった。
おかげでモヤモヤしていたものが少しはふっきりれた感じ。

今日は昨日のことなど、何もなかったかのようにいつもの生活が始まりました。
二人とも怒りが長く続かない性格が救いです。
でも、恒例の晩酌が始まったとき、
お酒の力を借りて、どちらともなく最近のわだかまりがボソポソと飛び出しました。
お互いめまぐるしい環境の変化に、気持ちがついていかなかったことなど、
今のお互いの気持ちを語り合いました。

健康のため小さなグラス2杯までと決めているワインを、
2人で1本空けてしまいました。
いろんなことで抑圧されていた気持ちを、 そんなかたちで解放してやりました。
大人の顔して暮らしてるけど、
たまにはハメをはずさなきゃやってられない!
無意識に張りつめていたものが、 どちらからともなくはじけた瞬間でした。

これで、なんとか明日からもやっていける。
こんな感覚を共有できる夫婦で良かったと思います。
旦那様、これからも力を合わせて頑張っていこうね。



ぐうたらな日々 | permalink | - | trackbacks(0)

ロールケーキの花月堂の「キャラメルもんぶらんロール」

キャラメルモンブランロール

お取り寄せサイトをはじめて丸一年が経ちました。
アフィリエイトという形態でスイーツを紹介しているサイトですが、
はじめた当初はアクセスも少なく、忘れたころにポツポツ売れるという感じ。
それでも嬉しくて嬉しくて感激したものでした。

アフィリエイトというのは気楽な副業のイメージがありますが、
私にとっては小さくても商売という形態には変わりなく、
とても勇気のいることでした。
お金を儲けることが目的なら、同じ時間と労力を使って、
アルバイトでもした方がずっと良い。

この一年間、思うようにことは進まなくて、
泣きたくなるくらい落ち込むことも多々ありました。
でも、仕事は好調なときより不調なときの方が、
得る物が大きいこと、経験則として知っている年齢でもあり、
自分を励ましながら、なんとか一年続けることができました。
いつもいつもサイトのことが頭から離れず眠れずに、
徹夜で専門書を読んだり、サイト作りに励んだり、
ほとんどがそれ一色の一年間でした。

それもこれも誰に頼まれたことではなく、
自分がしたくてしていること。
夢中になれるのは幸せなことだし、
こんなわがままなことできる環境にあること感謝してます。

ここ数ヶ月、やっと今までやってきた成果が見え始めました。
毎日、毎日、私のサイトを通じてたくさんのお客様が商品を買ってくださいます。
まだまだ、目標地点に辿り着いたわけではありませんが、
私にとって大事なサイトであることには間違いありません。
これからもこのサイトを通じて、
おいしいスイーツを紹介していくことが何よりも楽しみです。

上の写真は一番最近取り寄せしたスイーツ、
ロールケーキの中でも大人気のキャラメルもんぶらんロールです。
栗好きにはたまらない、濃厚なマロンクリームの絞り出しと、
キャラメル味のクリームのロールケーキとの相性が抜群でした。
親しみやすい外見とスタイルで、老若男女に好まれる味ながら、
レベルの高いものを感じさせる、とても美味しいケーキでした。


家で食べる | permalink | - | trackbacks(0)

今年のバレンタインはミッシェル・ショーダン

ミッシェル・ショーダン

自分のサイトでバレンタインのチョコをいろいろ紹介していましたが、
いざ、自分が買うとなるといろいろ迷ってしまいます。
この時期になるとデパートなどには華やかなチョコが並びます。
ネットショップとなると無限にあるように思えます。
日頃なかなか目にすることのできない、
海外の一流ショコラが一斉に並ぶもんだから、もう圧巻!
興奮して鼻血が出てきそう。(タラ〜)

その中から私が選んだのはミッシェル・ショーダン。
バスケの選手? いえ、フランスの今をときめく一流ショコラティエです。
TITLEという雑誌のバックナンバーを眺めていると、
ジャン=ポール・エヴァンとその道の権威者二人の計三人で、
「世界一おいしいチョコレート」を決める誌上座談会が載っていました。
そこでプラリネ部門No1に選ばれたのがミッシェル・ショーダンでした。
ミーハーの私はすぐにネットで探し、瞬間的に購入のボタンを押していました。

バレンタイン当日。
厳かにその箱は開けられました。もちろん主人の手で。
そして、ひと粒・・・・・・。

主「うっ!うんま〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!!」

主人は大の甘党。もちろんチョコレートも大好きです。
あまり美味しいので思わず次に手が伸びます。

主「 今まで食べたチョコの中で一番おいしいー! 」
私「 フランスの高級チョコなんだから大事に食べてよ。 」
主「 ふん、ふん 」

と言いながらもガツガツ食べる手を休めません。

私「 1粒250円もするのよ(汗)・・・・・ぶつぶつ・・・ぶつぶつ 」
主「   げっ!? Σ(゚◇゚;)   」

主人の手がピタッ!と止まりました。
今では一日ひと粒ずつ大事に食べています。

★ミッシェル・ショーダンは高島屋バレンタイン2006で取り寄せしました。
 現在は扱っていません。





家で食べる | permalink | - | trackbacks(0)